アパートマンション経営など、不動産投資で良く利用されるのがサブリースです。
サブリースは不動産オーナーにとって、メリットが多いことでも知られています。
ここでは、そのメリットを紹介します。

安定した家賃収入があります

アパートやマンション経営では、不動産会社とサブリース契約を結ぶオーナーも少なくありません。
これは、オーナーか保有しているアパートやマンションを、不動産会社がそのまま一括借り上げするシステムです。
実際に契約を行うことで、将来に渡って一定額の家賃収入が保証されます。
この家賃保証が大きなメリットと言えます。
ご存知の通り、不動産投資の収益源は入居者からの家賃収入になりますが、不動産投資には、空室や家賃滞納リスクなどが発生します。
当然のことながら、これらのリスクが増えるとオーナーの収入は減少します。
しかし、契約を結ぶことでこれらリスクを回避できるのです。

不動産運営を軽減できます

サブリースのメリットとしては、不動産運営の軽減化も挙げられます。
不動産会社と契約を締結することで、建物の運営管理のすべてを一任できます。
入居者募集、家賃徴収、トラブル対応など、様々な行為を不動産会社の方で行ってくれるのです。
オーナーは面倒な行為を行う必要はありませんので、運営管理の負担を大幅に軽減できます。
このようにサブリースを活用すれば、賃貸経営をスムーズに行えるようになります。
不動産管理に不安を抱いていた方は、一度検討してみるといいでしょう。

運営の負担を大幅に軽減できます

アパートやマンションなど、不動産経営を行う際に便利なのがサブリースです。
上記で紹介した通りサブリースにはメリットがありますので、経営管理の負担を大幅に削減できます。

関連する記事