将来の家賃収入が保証されるなど、魅力的システムで知られているのがサブリースです。
しかし、利用する際はデメリットについての理解も必要です。
ここでは、そのデメリットについて見てみます。

保証家賃は通常の賃料よりも安くなる

サブリース契約を結ぶことで将来の家賃が保証されますが、その家賃は通常の家賃よりも安いのが一般的です。
実際に保証される賃料ですが、設定した賃料の80〜90%程度と言われています。
これはあくまでも相場ですので、実際はもっと低くなる可能性があります。
通常の家賃額が高ければ問題ありませんが、もともと低い時は、保証家賃も低い額になりますので注意しましょう。
ですので、不動産会社とサブリース契約を結ぶ際は、設定家賃の額をしっかり把握しておくことが大切です。
通常の賃貸経営よりも収入が低くなりますので、それで生活できるのかどうか、シミュレーションなどをしておくといいでしょう。

更新で保証賃料が変わる可能性があります

サブリースは定期的に更新されますが、その際に保証賃料が変わることもあります。
もちろん高くなることもありますが、建物の劣化などもありますので通常は低くなることが多いです。
保証賃料が低くなる場合、部屋数が多いほど賃料収入が減少しますので注意する必要があります。
このように保証賃料に変動を生じる可能性がありますので、更新の際はしっかり確認しておきましょう。
また、疑問点や不明な点がある時は、早めに不動産会社に相談してください。

デメリットを克服しましょう

不動産オーナーにとって魅力的なシステム、それがサブリースです。
しかし、デメリットもありますので、利用する前にしっかり確認しておく必要があります。
デメリットを克服することで、大きな利益を期待できるようになります。

関連する記事