不動産会社では様々なサービスを定期していますが、その中の一つにサブリースがあります。
これは不動産オーナーが所有している建物を一括借り上げするシステムですが、いくつか問題点もあります。
ここではサブリースの問題点を紹介します。

免責期間について

サブリース契約の問題として、まずは免責期間が挙げられます。
これはそれぞれの契約によって異なりますが、新築時、あるいは退去後に設けられることがあるようです。
免責期間というのは、いわゆる会社側の責任免除を言います。
この項目があれば、一定期間、不動産会社が家賃保証をしなくてもよいことになります。
それゆえ免責期間が認められると、その間、不動産オーナーは収入が入ってこなくなるのです。
新築時は入居するまでの準備期間でもありますが、不動産会社が利益確保のために設定することがよくあります。
また、退去後の免責期間があると、サブリースのメリットと言われている空室リスクがなくなります。
どちらにしても、オーナーにとって不利な契約であることには間違いありません。

原状回復費用など

サブリースの問題点としては、原状回復義務や修繕費用などの問題も挙げられます。
退去した後の原状回復費用、また、修繕費用については、物件所有者がすべて負担する場合があります。
これら費用は建物を長期間維持するためには必要なことですが、不動産会社が指定した工事を行わないと契約更新しない場合もあるようです、
そのため部屋や建物の状態によっては、原状回復費や修繕費が高くつく可能性があります。

契約の内容をしっかり理解しておきましょう

サブリース契約はとても魅力的なシステムですが、色々と問題点もあります。
契約の際に不動産会社から説明がありますので、内容をしっかり理解しましょう。

関連する記事