サブリースは、不動産会社とオーナーが契約を結ぶことで成立します。
契約の内容に問題なければそのまま進みますが、契約前、契約解除時にトラブルが発生することがあります。
このようなトラブルを避けるためにも、トラブル事例などを頭に入れておくといいでしょう。

契約前のトラブル

まず契約前のトラブルですが、これは新築時の工事費についての問題です。
これは不動産オーナーに対するサブリース勧誘の際に起こる事例ですが、そこでは工事費が問題になってきます。
不動産会社は土地の一括借り上げと同時に、新築物件の建築も引き受けることがあります。
この場合、関連会社に建築を依頼することが多いですが、建築の費用が相場と比べて高くなることがあります。
そのため、その分を家賃保証で還元することで契約を誘引してきますが、契約後の家賃額に反映されているかは不明です。
そのような背景から、家賃保証額が安く設定されているとトラブルに発展することがあります。
ですので、可能であれば建築費用などの確認も行うといいでしょう。

契約解除時のトラブル

次は契約解除時のトラブルです。
契約更新の際、その内容がオーナーにとって不利である時は簡単に解約できそうに思えます。
しかし、そう上手くいかないのがサブリース契約なのです。
不動産会社は借主の立場になることから、借地借家法の適用を受けます。
そのため、不動産オーナーは正当事由がないと解約できないのです。
このようなこともあり、不動産オーナーの中には不利な契約を結んでしまう人も少なくありません。

契約内容の確認をしてください

サブリース契約はとても便利なシステムですが、トラブルに発展することもあります。
様々なトラブル事例がありますので、不動産会社と契約する際は今一度契約内容を確認しておきましょう。

関連する記事